産業用ロボット

産業用ロボット写真1

産業用ロボットは、国際標準化機構によれば、3軸以上の自由度をもつ、自動制御、プログラム可能なマニピュレータと定義されています。
皆さんが触れ合う製品自動車やPC(電子部品)を生産する工場の現場で使用され、溶接、組立、搬送、塗装、検査、研磨、洗浄などの機能を持ち、工場内での生産性を高める為に取り入れられています。

ロボットの産業の市場予測として、産業用ロボットに該当する製造業だけで、2035年までに2.7兆円市場に及ぶと言われており、 サービス分野、農林水産分野、ロボテク製品を加えると2035年には9.7兆円もの市場規模になるといわれています。(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構調べ)

  • 産業用ロボット写真2

    そのような中で日本は「ロボット大国」といわれ、世界トップレベルの技術力を維持しながら、産業用ロボットを生み出し、日本国内での製品開発そして世界での製品開発を支えてきました。

  • 産業用ロボット写真3

    モラブでは、多くの産業用ロボットの開発を支援することで、産業の発展に貢献しています。今後、市場がますます広がる産業用ロボットの世界で、あなたの力を発揮し、多くのプロジェクトにチャレンジしませんか。