1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. 設計開発部 仲本 凌

設計開発部 仲本 凌

DATE

2017年 4月 新卒入社
設計開発部
大手電機メーカー関連企業出向中

モラブの魅力スキルアップの支援も手厚く、安心して就業できる会社です。

現在は、どのようなお仕事をされていますか?

プログラミング言語を使用したシステムの改造と現地懸案対応等を行っています。
私は、今は配電自動化システム開発について、仕様書やプログラムを作ったり、その試験作業を担当しています。

入社前と入社後では、ご自身はどう変わられましたか?

場所を問わず、「1人の社会人として周囲に見られている」ということを意識するようになりました。
その意識を持つことが、社会のルールやマナーをしっかり守れる、責任ある大人であることに繋がると思っています。

きっかけは、入社後の一般基礎研修です。
研修は、言葉遣いや名刺の渡し方など、基礎的な内容を丁寧に教えてもらいました。
モラブ阪神工業は研修制度がしっかり整っているので、出向先に初めて伺った時も、さほど不安には思いませんでした。

仲本 凌

現在のお仕事で、最もやりがい・喜びに感じるのは?

やはり、お客様の要望に合った設計開発が出来た瞬間です。
お客様からは様々なご要望が提示されるので、これまでに経験したことがないものや、難しいものもあります。
そんな時は、まずは先輩方に相談するのですが、自分自身でも考えるようにしています。
もっと他にも良い方法があるかも、こういったことも考えておかないといけないかも、と考えることも楽しいです。
開発の成功と自分自身の成長が感じられる点が、やりがいに繋がっています。

仲本 凌

今、努力されているのはどのような点でしょうか

まだまだ経験が浅いため、作業時間の見積りが上手く出来ない点です。

先日初めて作業時間の見積り案を作らせていただいたんですが、すごく悩みました。
何とか仕上げて提出しましたが、チェックしてくれた教育担当の先輩から「この期間で本当にこれが出来ると思う?」と指摘されました。
見積った時間が短か過ぎたようで…。

これから、日々の業務の中でも常に工数を意識して、作業時間の見積りを正しくできるようにする、という自身の課題に気づきました。

モラブに就職を決めた一番の理由は何ですか?

プログラミング言語について学んできたこと、趣味でもプログラミングを行っていたことが大きいです。
それに加えて、出向先でのお仕事で様々な人に関わることで、自分自身の経験を積んだり、知識を深められると思ったからです。

学校で教わる内容はあくまで「学業」として学ぶ基礎的なものなので、現場ではぜんぜん違うなと感じました。
自分で思うように進めれば良いわけではなく、規約に則りつつ後々のメンテナンス性も考慮しないといけません。
「誰が見ても分かるような設計にしなければいけないよ」と教えていただきました。

今後も、もっと視野を広げたい、スキルを上げたいという気持ちは、入社前よりいっそう強まっています。

今後の目標は何ですか?

仕事にかける想いとも共通しますが、当面は自身のスキルアップです。 C言語をやっているので、まずは基本情報技術者試験の合格を目指しています。
学んだ内容は実務で活かせてこそ意味があるので、合格して終わりとなってしまわないように、生きた知識を身に着けられるような勉強をしたいと思っています。

仲本 凌

モラブへの就職を希望されている方に対してメッセージをお願いします

専門的な知識があまり身についていない、文系出身で、今までプログラミングをしたことがないといった不安等はあると思います。
ですが、モラブ阪神工業はそういった不安を解消させるスキルアップの支援等がありますし、また人材育成(研修)も充実しているので、安心して就業できる会社です。皆様方のご就職を心よりお待ちしております。

ある日のスケジュール

  • 8:45 出社

    朝の体操・挨拶の後、メールの確認や今日行う業務の確認、整理をします。

  • 12:30 昼食

    出向先の社員食堂で他の出向メンバーと食事します。

  • 14:30 試験作業

    懸案の再現試験やプログラムの確認試験を行います。

  • 17:15 退社

    繁忙期でなかったり急務がなければ、定時退社し、趣味や勉強に時間を使います。

  • 仲本 凌
  • 仲本 凌
  • 仲本 凌
マイナビ マイナビ